超音波ネズミ駆除を確実にする5つのチェックポイント

超音波ネズミ駆除は、ネズミにしか聞こえない周波数を流し続けることで、騒音被害を与え住みづらくして、家から追い出す駆除方法です。


しかし、超音波機器を使ってネズミ駆除をしているのに効果がない場合があります。そんなときには以下のポイントをチェックしてください。1,機器周辺に断熱材やダンボールを多く設置している、2,機器を複数箇所に設置していない、3,生ゴミや食べ残し、お菓子などが密閉されていない、食べ残されたペットフードがそのままになっていたり、ペットフードの袋が開けっ放しになっている、4,ネズミに移動する隙間がある、5,ネズミの巣作りに使える材料が放置されているなどです。
このネズミ駆除では、屋根裏や天井裏などに超音波を反射させることで、ネズミにサイレンのような騒音を聞かせ続けますが、断熱材やダンボールなどの柔らかい物体は、音波を吸収する性質があるため、ネズミにとっては騒音でなくなります。

超音波は壁や天井を通過できません。

騒音被害を感じたネズミは、住宅の別の場所に巣を移動させるだけなので、隙を作らないように1箇所だけでなく複数ヶ所設置することが多いです。
機器が効果を発揮しても、餌が豊富であればネズミは住処を移動するよりも残ることを選びます。

ネズミの糞や足跡を見つけたら、隙間を塞いでやるとネズミの行動範囲が狭くなります。



ネズミはボロ布や紙、わらや紐、ビニールの切れ端などを使って巣を作るので、巣の原料をなくしてやることが大切です。

お手軽な教えて!gooの情報サイトです。

もし、超音波機器が効果がないと感じたら、5つポイントをチェックしましょう。